さともんの獣害対策とは?

現在、多くの農山村は「獣害」という深刻な課題を抱えています。イノシシ、シカ、サルなど中・大型哺乳類による農作物被害や年間約200億円。地域の農林業に与える経済的な影響はもとより、集落内に野生動物が出没することで受ける日常生活への影響や、日々丹精込めて栽培している自家用菜園に対する食害など、簡単に金額で表すことのできない切実な「被害」があります。

とくに農村生活において、自給自足は醍醐味です。たとえ販売目的ではなくても、昔から農村のそれぞれの家庭で日々の食卓を潤してきたものであり、生活の一部であり、また地域の高齢者の「楽しみ」「生きがい」を育む場です。獣害によって繰り返し荒らされることにより、自分の畑で収穫するというささやかな喜びが失われている状況が生じ、これまで耕し続けた畑を手放す農家が増えています。現場では「こんなところに住みたくない」という悲しい言葉を耳にすることもあるなど、獣害は営農意欲の低下はおろか、農村の生活基盤そのものを脅かす問題といっても過言ではありません。

地域が主体となって被害を効果的に防ぐ

獣害を防ぐ手立てがないわけではありません。むしろ、獣害対策の研究は進み、方法論はかなり整理されてきたといえます。実際、地域が主体となって被害を効果的に防ぐ成功例は各地で報告されるようになっています。しかし、こうしたノウハウを知っている専門家はまだ多くありません。さらに、地域全体として広げていくためには、さらに大きな課題があります。

日本では世界に先だって人口減少の局面を迎えていますが、農村ではさらに著しく高齢化が進行していて、多くの地域では、対策を行う労力や意欲が減退しています。集落での懸命な取り組みの成果によって、今は何とか獣害に対応できている集落も、この後いつまで対策を継続できるのか先行きに不安を抱えている地域も少なくありません。

行政機関は専門的な人材が不足している

住民の取り組みを公的に支援する立場である行政機関には専門的な人材が不足していることも慢性的な課題です。今後さらに進行する人口減少社会においては、今よりも行政サービスの効率化が図られる中で、人と野生動物の軋轢を軽減し、野生動物管理体制を確立するための専門的な人材や体制をどのように整備・創出していくかは非常に大きな課題となっています。

獣害の深刻化は生産意欲の減退を招き、耕作放棄地の増加を生んでいきます。そして、そこが新たな野生動物の棲家となって、獣害が深刻化し、さらに離農が進んでいく・・・獣害と地域の衰退の負のスパイラルは今後ますます拡大していくでしょう。

獣害対策をきっかけに地域を元気にする

さともんは、こうした負のスパイラルをある方法で解決します。それは「獣害対策をきっかけに地域を元気にする」という方法です。

あえて「獣がい」と呼びます

以後、さともんは「獣害」を「獣がい」と表記します。その理由は、住民自らが獣がい対策に取り組むことで、地域に笑顔をもたらし、まとまりを作り、元気にする方法があるからです。さらには、野生動物から守り伝えたい地域の魅力を考えるきっかけにすることもできるからです。

こうなってくると、獣害は単なる「害」ではありません。「獣がい」が地域活性化の資源になります。良いモデルを作り結果が出れば、自然に地域に広がっていきます。負のスパイラルを正のスパイラルに変えることができます。

さともんは、確実な手法で「害」を軽減するだけでなく、獣の存在はそのままに、「獣がい」そのものを資源化して地域を元気にする方法を日々発展させ、共感してくださるあなたにお伝えしていきます。

5つの支援方法

1. さともんセミナー

2. 会員専用オンライン講座

3. 調査・コンサルティング

4. 講演依頼

5. 獣がい対策メールマガジン

Copyright 2018 さともん